長崎の住まいや暮らしの情報交流|セキスイハイム九州(株)長崎支店-長崎ここちい日和



西山神社
「元日桜」で有名な神社ですが、ローカルテレビの天気予報で、今年は早くから咲いていると話されていました。
やはり私が行った時は、桜吹雪でした。

花びらが無い分、中の蜜が吸いやすいのでしょうか?
メジロが忙しく飛び回っていました。
西山神社
西山神社
お手水のそばにもザボンの木がありました。

【パセリ】花
2020.02.13 Thursday(15:10) 行ってきました comments(0)
長崎にある唐寺のうちの2つに行ってきました。
どちらもランタンフェスティバル(ランフェス)期間中だからでしょうか、
「吹き流し」が上がっていました。
その昔、唐船が長崎の港に入ってきた時、離れた所からも「自分たちの唐寺はここだよ」と
分かるように上げていたそうです。
もちろん、どちらにも「媽祖堂」があります。
興福寺へ行くと、ランフェスのパンフレットには出ていませんでしたが、変面ショーなども行われ、
みごとな技を拝見することができました。
※「崇福寺のランタン」「興福寺のランタン」「中島川のランタン」をご覧ください。

【パセリ】花
2020.02.03 Monday(14:15) 行ってきました comments(0)
遅れ馳せながら…初詣へ。
松森天満宮
暖冬なので、梅の花がたくさん咲いていました。

【パセリ】花
2020.01.20 Monday(15:36) 行ってきました comments(0)
昨年の1月下旬、初めてここを訪れた時、がらんとした空気の中、ロウバイがあることに気付きました。
しかし、香りはするものの、ほとんど枯れていたので、来年はぜひ咲いている時に、と思いました。
今季は暖冬なので、もしかしたら、と思い早めに行ってみたら、やはり、たった1本なのに、とてもいい香りが漂っていました。
高島秋帆旧宅へ

高島秋帆宅跡は、広いものの、建物は現存せず、ただ石倉だけが残っています。
高島秋帆旧宅へ
それはかえって、当時を想像する力が増すような気がします。
私は丸山公園〜梅園天満宮〜中の茶屋を通って上がってきましたが、細い路地の先に、みごとな石垣が現れます。
高島秋帆旧宅へ
敷地内を進み、反対側へ出ると、その下は路面電車の方へ続いていると通行中の方に教えてもらいました。
高島秋帆旧宅へ
帰りは教えてもらった道を通りました。
その道は細く、車も通るので要注意です。
電停が見えてきて、「あらぁ、ここに出るんだ」と長崎の道の奥深さに感動した日でした。

【パセリ】花
2020.01.14 Tuesday(13:44) 行ってきました comments(0)
長崎さるくに参加して案内してもらいました。
ここから見える景色は観光案内のチラシなどによく使われています。
夕陽は残念ながら雲に隠れていましたが、刻々と変わる街の色を楽しみました。
鍋冠山
暮れなずむ街
※なつかしい歌の一節でもありますが、このことばは 「日が暮れそうでなかなか暮れないでいる」 という意味です。
私も暗くなるのをじれったい気持ちで待ちました。
鍋冠山
※最近、展望台と駐車場もリニューアルしてきれいになったので、車で来られる方も多いようです。

【パセリ】花
2019.12.17 Tuesday(13:44) 行ってきました comments(0)